お引越し時にする事。単身引越しのまとめ

引越しの荷物を少なくするためには

進学、就職、転勤、結婚など人生のターニングポイントでは、引越しが伴うことも少なくないでしょう。

 

スムーズに引越しをするためには、何よりも荷物を少なくすることが大切です。荷物が少ない方が荷造りも新居での片付けも早く済みますし、荷物を運搬するための費用も抑えることができます。

 

1 家具の扱いを考える

荷物の中でも特に大きなものは家具です。家具は、部屋の間取りや雰囲気によって合う合わないがあります。

 

新居に運んだところで使いにくい場合や、家具の購入価格の割に運搬の費用がかかるならば思い切って処分する方法もあります。

 

ほしい人がいればゆずったり、寄付を募っているところに引き取ってもらったり、リサイクルショップに売ってしまうのも手でしょう。引越し直前だと忙しくなってしまうので、できるだけ早めに片付ける手配をつけてしまいましょう。

 

2 この機会に持ち物を減らす

本、洋服、バッグ、靴、雑貨、スポーツ用品なども数が多ければ荷物は増えます。

 

このようなものはたくさん持っていても実際に使っているものは一部だったりします。この機会にほしい人にゆずったり、フリーマーケットやネットのフリマアプリで売って持ち物を減らすと、荷造りも楽になります。もったいないなと思うかもしれませんが、自分の無駄遣いをふりかえるいい機会になりますのでオススメです。

 

無駄を省き要領よく引越しをおこないましょう。


引越しには、時間と労力と費用がかかります。
できるだけ、短時間で労力をかけず、安い費用で引越しをおこないたいものです。

 

それには、まず絶対に必要なものとそうでないものをしっかりとこの際に見極め、惜しいと思っても使わなかったもの、生活・仕事・プライベートにおいて本当に必要でないものは思い切って捨てるか、前もって少しずつ、リサイクルショップやインターネットでのオークションやフリマなどで捌いていきましょう。

 

近年ではごみ袋代も馬鹿にできないのでこのようなショップやサイトを利用すると多少なりとも節約でき、物によっては引越し費用の足しになることもあります。

 

また、物を減らすことによって、梱包する手間も省け、業者に依頼したとしても運んでもらう量が減ると費用も変わってきます。

 

大物も買い替え時期であればこの際処分してもらい、新居にて買いなおした方が長い目でみてもお得な場合が多々あります。

 

業者に頼んだ際の処分品などは無料で引き受けてくれるところがほとんどです。

 

また最近では自分でレンタカーなどを借りて引越ししたり、知人に頼んで引越ししたりするよりも、かえって業者に頼んで引越しするほうが安くつく場合が実際多いものです。
インターネットによる簡単一括見積もりを利用して少しでも安く引越ししてくれる業者を探すことです。

 

どこの業者もギリギリまで費用を抑えてくれます。単身の場合、軽運送個人業者もお勧めです。


更新履歴